07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

鉄貨丼blog

貨物列車や専用線、それにかかわる車両などを中心に。(HPほどには貨物に拘らない方針です。)

鵜殿貨物のこと (その2) 



鵜殿貨物といえば、かつて3363レが走っていた頃、その編成報告で掲示板に「鵜殿コキ×7」と書き込んでいた
ことが懐かしく思い出されます。
3363レに鵜殿コキが連結されるようになったのはいつ頃からなのか?
撮影した写真を調べた結果、2001年頃からのようです。

3363レ EF65 1059牽引 (2008年3月9日)
(2008年3月9日)
廃止間近の3363レ。
私個人としては最後に撮影した3363レです。
タンク車の連結は無く、コキ200-145+鵜殿コキ×7
専貨といってもコンテナ専用貨物列車だなーっと、この時は思いました。


スポンサーサイト
2013/02/24 Sun. 21:56 | trackback: 0 | comment: 0edit

鵜殿貨物のこと (その1) 



鵜殿駅の貨物扱いが、来月のダイヤ改正にて廃止されることが公になりました。
同駅から延びる北越紀州製紙専用線には3両のスイッチャーが居ますが、廃止後の動向が注目されます。

9号DL (北越紀州製紙専用線)
(2012年8月19日 北越紀州製紙専用線)


2013/02/23 Sat. 22:44 | trackback: 0 | comment: 0edit

鵜殿駅北越紀州製紙専用線(動画) 


鵜殿駅へコキを引き取りに行くDL-106です。
橋の両側が樹木で遮られ見えないため、うまく撮れるか不安でしたが自転車がスイッチャー登場の前触れでした。



2089レの鵜殿駅到着です。


2012/09/03 Mon. 22:29 | trackback: 0 | comment: 0edit

鵜殿駅北越紀州製紙専用線(その5) 

コキの引き出しを撮るため駅近くの踏切へ移動します。


udono_328C.jpg
踏切で待っていると鵜殿11時57分発多気行き328Cがキハ48形2両編成で通過。
この区間の普通列車は少なく、コキの引き出しを撮らずこれに乗って名古屋方面へ向かうことも検討しました
が、ここまで来てそれはもったいないと考え没に。


udono_DL106_2_blog.jpg
普通列車が発車してしばらく経つとコキを押して出てきました。


udono_DL106_3_blog.jpg
コキは4両。
DD51が留置されている側線に押し込みます。


udono_DL106_4_blog.jpg
単機で工場に戻ります。
なにか物足りないと思ったら誘導する人がステップとかに乗っていないのですね。
そういえばコキを迎えに来た時もそうでした。


このあとR42を走る三重交通の路線バスで新宮駅に戻り昼食の時間としました。

2012/09/02 Sun. 23:54 | trackback: 0 | comment: 0edit

鵜殿駅北越紀州製紙専用線(その4) 

[9号]DLによる入換え作業が終わった後、神内川河口にある水門の日陰で涼んでいると(本当に海からの風が
心地よかった)専用線の橋梁上に突如コキが現れました。

kishu_koki_blog.jpg
突如現れたコキはこのまま停止。


kishu_DL106_5.jpg
また入換え作業が始まったのか?と急いで専用線に戻ってみると、まだ同じ場所に停まっていました。
工場側にDL。
推進で出てきたわけですが、これを見てすぐにピンときました。これは発送分だと。
なんと、ここで30分あまり待機するのでした。

2012/09/01 Sat. 22:46 | trackback: 0 | comment: 0edit