07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

鉄貨丼blog

貨物列車や専用線、それにかかわる車両などを中心に。(HPほどには貨物に拘らない方針です。)

【竜王駅】85レ到着 



竜王駅に到着する85レです。
貨物列車は旅客ホーム2番線に発着します。
85レ~82レはコキとタキの混成ですが、この日はコキのみ。
牽引機はEH200-22。
残念ながら正面に太いケーブルの影が落ちてしまいした。

EH200-22
(2012年9月 竜王)

スポンサーサイト
2013/01/20 Sun. 21:16 | trackback: 0 | comment: 0edit

【竜王駅】タキ1000-3 



竜王駅に発着する貨物列車は2本設定されており、どちらも高速貨物列車です。
よって構内に居るタンク車は全てタキ1000形となります。

入れ換え中のタンク車を眺めていると、その中にタキ1000-3が居ました。
タキ1000は1と2が試作車ですので、この3が量産グループのトップナンバーになります。

タキ1000-3
(2012年9月 竜王)

根岸駅臨時常備、臨時専用種別石油類に変更されていました。
次回検査期限はH26-5-11です。


2013/01/19 Sat. 21:28 | trackback: 0 | comment: 0edit

竜王駅のスイッチャー(その2) 


スイッチャーの仕事といえば貨車の入換えです。
この駅には本線を挟んで南側にコンテナ荷役線、北側に油槽所の荷役線があり、これらの貨車入換え作業は1両の
スイッチャーで行っています。
このためスイッチャーが本線を横断することとなり、同駅での入換え作業の大きな特徴となっています。
スイッチャーによる入換え作業がJRF直営なのは、これが理由なのかも知れません。

ryuo_con_blog.jpg
コキを引き出し構内北側に移動して来たスイッチャー。
本線を横断するのが特徴と書いておきながら、そのシーンは撮ってなかった...


ryuo_taki_blog.jpg
コキを所定の位置に留置した後、タキ1000の入れ換えが始まりました。
この日、構内には16両のタキ1000が居ました。


2013/01/18 Fri. 23:47 | trackback: 0 | comment: 0edit

竜王駅のスイッチャー(その1) 


昨日は予備機の半キャブをご紹介しましたが、今日は主力として活躍する協三20t機です。
正直な話、これが入ったと知った時はがっかりましました。
いつまでも撮りに行かなかった自分が悪かったんですが。
しかし、もう贅沢は言ってられません。
貨車の入換え作業が見られる一般駅は減る一方です。
今年のダイヤ改正でも失職するスイッチャーが出そうです。

ryuo_20t_blog.jpg
(2012年9月 竜王)
写真は荷役の終わったタンク車を引き出しに行くところ。



2013/01/12 Sat. 22:24 | trackback: 0 | comment: 0edit

竜王駅の半キャブ 



中央本線甲府駅から一駅下った竜王駅は石油とコンテナを扱う貨物取り扱い駅です。
この駅には、予備機ではありますが半キャブのスイッチャーが居ます。

ryuo_10t_blog.jpg
(2012年9月 竜王)
今では貴重な存在となった竜王の半キャブ。
コンテナ荷役線の奥、貨物ホーム跡の脇に留め置かれています。

2013/01/11 Fri. 23:12 | trackback: 0 | comment: 0edit