05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

鉄貨丼blog

貨物列車や専用線、それにかかわる車両などを中心に。(HPほどには貨物に拘らない方針です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

鉄道趣味 


私が鉄道に興味を持ったのは、ゴハチことEF58型電気機関車が東海道線上を走っていたからといっても過言ではありません。
今は主に貨物が趣味の対象となっていますが、旅客用機関車から鉄道趣味の世界に入ったわけです。
この機関車、ファンの間で人気が高いことは今更説明する必要はありませんが、皆さんはゴハチのどこに惹かれたのでしょうか?
数多くの優等列車を牽いた栄光の機関車だからでしょうか?
それとも他のどの機関車にも似ていない独特の車体デザインだからでしょうか?
私の場合、そのデザインが印象的だったということがありますが付け加えると、言い方は悪いですがボロかったからでしょうか。
私がこの世界に入ったのは1980年代始めの頃。
ゴハチは老朽化が進み知識の無い私でも古い機関車であることは分かりました。
当時、東海道線での主な役割は急行荷物列車の牽引でしたが、雑多な荷物車を連ね2軸先台車付きの独特のジョイント音を響かせて東海道線上を疾走する姿を見て、古いのに凄い機関車だなーと思ったものです。
冬場には電気機関車らしからぬ蒸気を噴き出す姿を見て益々興味がわいたということもありました。

さて、そんなゴハチと時事ネタを絡められる写真があったことを思い出しハードディスクを漁ってみました。
それが下の画像です。(1983年6月12日撮影)
blog20110401.jpg
先日、飯田線の119系電車が引退しましたが、その119系電車が新製投入された頃、浜松機関区に隣接する電留線にて撮影したものです。
飯田線の旧型国電の置き換えは2段階に分けて実施され、まず豊橋機関区の80系電車を置き換えました。
ここに写っている80系電車は解体前に疎開留置された車両たちです。
119系電車は落成後、次回置き換えまで待機している車両です。
ゴハチは廃車前提の休車で1号機の後ろに5号機が隠れています。
スポンサーサイト
2012/04/01 Sun. 23:59 | trackback: 0 | comment: 0edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。