04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

鉄貨丼blog

貨物列車や専用線、それにかかわる車両などを中心に。(HPほどには貨物に拘らない方針です。)

西濃鉄道(動画) 

美濃赤坂駅を発車する1023レです。
(2011年10月16日撮影)

スポンサーサイト
2012/07/06 Fri. 22:57 | trackback: 0 | comment: 0edit

西濃鉄道(その3) 

折り返しの1026レは美濃赤坂駅でJRFとの授受を撮影しました。
継走列車は8784レ、牽引機は国鉄色のEF64 1019でした。
(2011年10月16日 美濃赤坂)
1026_20111016_blog.jpg

まさか美濃赤坂駅でEF64の1000番代が見られるようになるなんて想像だにしませんでしたが、なぜか新鮮味を
感じることはありませんでした。
そういえば奥多摩の石灰石輸送がこの組み合わせでしたね。
現在活躍するホキの中には奥多摩から移動してきたグループ(カバー無しのホキ)が居りますが、EF64の1000
番代がこの運用に就くようになったのは何かの縁かも知れません。
2012/06/24 Sun. 21:41 | trackback: 0 | comment: 0edit

西濃鉄道(その2) 

乙女坂から先に歩みを進めます。
乙女坂から先は本線と平行する形で荷役線が続き、各駅の境界がよく分かりません。

猿岩駅。
休止というだけあって何時でも復活できそうな雰囲気。
saru_20111016_blog.jpg

市橋駅跡。
叢からダルマ転轍機が顔をのぞかせています。
ichi_20111016_blog.jpg
2012/06/23 Sat. 23:40 | trackback: 0 | comment: 0edit

西濃鉄道(その1) 

今月は、いよいよホキ2000形の量産車が出場するようです。
ということで、そのホキ2000形の活躍の場となる西濃鉄道をご紹介します。
西濃鉄道は、かつて市橋線と昼飯線の2路線を有しておりましたが昼飯線は廃止。
市橋線も末端の猿岩~市橋間が廃止、乙女坂~猿岩間が休止となっており、列車の運行があるのは美濃赤坂~
乙女坂間のわずか1.3kmの区間となります。

乙女坂に進入する1025レ(8785レからの継走)。
この日はDE10 501が運用に就いていました。
(2011年10月16日 乙女坂)
1025_20111016_blog.jpg

後打ちです。
1025B_20111016_blog.jpg

機回し中のDE10。
積み込み作業時の貨車移動も同機が行います。
1025C_20111016_blog.jpg
2012/06/22 Fri. 22:37 | trackback: 0 | comment: 0edit