08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

鉄貨丼blog

貨物列車や専用線、それにかかわる車両などを中心に。(HPほどには貨物に拘らない方針です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

EF210-301甲種輸送 



先程まで強風が吹き荒れておりましたが今は小康状態です。
しばらく前に「台風17号が愛知県東部に上陸」とのニュースが流れておりましたので、
台風の中心部に入ったのでしょうか?


さて、今日はEF210-301の甲種輸送がありましたので撮影に行ってきました。


台風接近により定期貨物列車が運休する中、臨貨である甲種輸送列車は運転されるのか?
心配でしたのでネットで検索してみると、早くも東京での目撃情報が上がっておりました。
これで走っていることが分かりましたので出動決定です。


撮影地では傘が必要になるほどの雨が降りましたが、甲種の通過時刻が近付くと止みました。
雨があがりホッとしていると今度は肝心の甲種が来ません。
列車番号はは9863レ。
9000番台の列車番号ですが貨物時刻表に載っており、甲種輸送や貨車の回送に使われるお馴染みのスジです。
このスジの列車を何本か撮影したことがありますが、今まで大きく外れたことはありません。
台風接近の状況下ですのでどこかで抑止なのか?または何かトラブルが発生したのか?不安になりました。

結局、想定していた時間より45分ほど遅く通過しました。
これが所定なのか遅れだったのかは分かりません。


結果的にはこれが幸いして通過時にはナント日が差しました。
301号機の鮮やかなブルーが目を引きます。

ef6633_ef210301_blog.jpg
EF66 33+EF210-301(2012年9月30日)



スポンサーサイト
2012/09/30 Sun. 21:07 | trackback: 0 | comment: 0edit

引退した119系電車は今 



譲渡のため一部の車両が関西方面へ陸送された119系電車ですが、引き続き浜松運輸区留置されている車両に
つきましては、解体作業が始まったということで覗いて来ました。
正確な開始時期は知りませんが先週からのようです。

119k_20120928_blog.jpg
(2012年9月28日)


2012/09/29 Sat. 21:06 | trackback: 0 | comment: 0edit

セノハチ(その4) 



先週、東京(タ)へ輸送されたEF210-301が早くも戻るようです。
台風が直撃しそうですが...


番堂原第4踏切でカモレの撮影した後は、単機回送を撮るために移動します。
1056レ、1076レで上ったEF67は、西条駅での発車待ちで並びます。
並ぶくらいですから重連で返しても良さそうですがやらないんですね。


ef673_tan591_1_blog.jpg
単591レで下る3号機です。


ef673_tan591_2_blog.jpg
後打ちで川上西トンネル突入も撮ります。
この後、単593レで下って来る1号機を撮って移動です。
(単593レは動画でアップの予定)
バス停までの移動時間を考えつつ線路際に待機していたのですが、残念ながら5098レまで撮れませんでした。



2012/09/28 Fri. 22:29 | trackback: 0 | comment: 0edit

セノハチ(その3) 



工臨の次は本命のEF67です。

ef653_1056_blog.jpg
1056レは3号機でした。
2号機は長期の運用離脱、3号機は稼働率が低いようで0番代は1号機しか撮れないものと半ば諦めていました。


ef671_1076_blog.jpg
1076レは西条駅で撮影した1号機が運用どおり上って来ました。


2012/09/23 Sun. 18:01 | trackback: 0 | comment: 0edit

セノハチ(その2) 



EF210-301が上京したとのニュースが流れていますね。
出場時の写真では黄色の試験用車輪を履いていたので、どこかで試験をやるのだろなとは思っていましたが、
わざわざ上京して試験を行うのでしょうか?


話しをセノハチに戻します。


単589レの撮影後、番堂原第4踏切に向かいます。
30年前も同じ道を歩いたはずですが全く記憶にありません。

踏切に着いてからも1時間以上EF67は通りません。
それでも踏切が鳴る度に列車をチェックしていると突如この様な列車が現れました。

seno8chiki_1_blog.jpg
レールチキの工臨です。
咄嗟にカメラを構えて撮影しました。

seno8chiki_2_blog.jpg
返空です。
我が地元では、もうこの様な工臨を見ることは出来ません。
ちょっと得した気分です。

2012/09/22 Sat. 23:52 | trackback: 0 | comment: 0edit

セノハチ(その1) 



セノハチの定番撮影地へ向かいます。

この日は天気が悪く、セノハチで「走り」を撮るか決めかねていました。
天気予報では午前中はもちそうな感じ。
ただし局所的に雨が降る可能性はあるわけで、空を見上げても時折り真っ黒な雲が流れてきます。
悩んでいても仕方がないので、八本松到着時点で雨が降っていなければ降りると決めました。
結局、雨は降っておらず、また降った形跡もなく空も意外と明るかったので降りました。

駅前のロータリーから芸陽バスに乗り志和南口で下車。
先ずは有名なS字カーブの俯瞰撮影です。
先客が2名、雑談しながら列車を待ちます。

ef67101_tan587_blog.jpg
西条駅で撮影したEF67 101が下って来ました。(単587レ)


ef65105_2070_blog.jpg
105号機が押し上げる2070レです。
コンテナの載りも良く一安心です。


seno8_ef597_blog.jpg
国鉄時代に撮影したEF67の写真を掲載しましたが、同撮影日はココにも寄っています。
一番大きな変化は背景の道路橋ですが、地形も変わっていますね。
もちろん走る貨物列車も様変わり。(普電は???)
現在主流のコンテナ列車であってもコキフの連結や載ってるコンテナなど今では見ることが出来ません。
そして補機はEF59の重連。
EF59は手前が7号機、2両目は残年ながら不明です。



2070レを撮影後、同列車の補機を務めた105号機の単回である単589レを撮って移動です。
どこへ移動するのか?お分かりですよね?





2012/09/21 Fri. 23:49 | trackback: 0 | comment: 0edit

EF67@西条駅(その3) 



1058レが到着。
EF67は101号機でした。


ef67101_1058_1_blog.jpg
待機していた操車掛が駆け寄ります。
荷が少ない月曜日朝のカモレ。
コンテナが無いのは好都合ということで前方から撮影です。


ef67101_1058_2_blog.jpg
101号機が後退し1058レが発車するのを待ちます。

5074レで到着した103号機は既に転線し、単585レとして発車待ちになっています。
跨線橋を渡っているうちに発車してしまいそうだったので、このホームで単585レを撮影しました。
1058レの後はカモレの設定がまばらなので西条駅での撮影はこれで終了。
撮影地を移動します。

2012/09/19 Wed. 22:40 | trackback: 0 | comment: 0edit

EF67@西条駅(その2) 

単579レ発車後、しばらく経つと5070レが到着します。
この日は月曜日なので1054レ~単581レはウヤ。
5070レには待望の0番代(1号機)が付いていました。
1号機とはおよそ30年ぶりの再会です。

ef671_5070_1_blog.jpg
5070レが発車した後、神戸方に引き上げ下り側に渡ります。


ef671_5070_2_blog.jpg
下り側に渡った1号機。
単機回送のため発車位置に向かいます。
背後に見えるEF67は5074レで到着した103号機です。


ef671_tan583_blog.jpg
単583レとなって発車を待つ。
この日は天気が良くなかったのですが、運良く日が差すことも...
広島県の県木である紅葉にちなんだ赤い車体が陽光に映えます。


およそ30年ぶりの再会と書きましたが、その時に撮影した写真を。
落成して1年くらいの頃です。
なぜか休車群と並んで留置されていました。
先頭ではありましたが。
EF671_seno_blog.jpg
(1983年4月4日 瀬野機関区)


2012/09/17 Mon. 22:04 | trackback: 0 | comment: 0edit

EF67@西条駅(その1) 

2日目は西条駅からスタートです。

駅に着くと広島方に単579レが発車を待っていました。
カマはEF67 105。
100番代は、見るのも撮るのも初めてです。


tan579_1_blog.jpg
1エンド側です。ぱっと見ただけでは見落としてしまいそうな小さなデッキ(突起?)が設けられています。
(2012年9月10日 西条)


tan579_2_blog.jpg
2エンド側です。


2012/09/16 Sun. 23:46 | trackback: 0 | comment: 0edit

広島へ行ってきました(その2) 

日程は一泊二日。
EF67の撮影は貨物の設定状況から2日目の午前中とし西条駅から撮影を開始する計画を立てました。
1日目は明るいうちに西条に着ければ良いということで、18切符利用でひたすら西へ向かうことにしました。
1日目ですから元気もありますし...


今回は個人的に気になったことを1日目の見たままから簡単にご報告。

笠寺通過時にコキ71を確認。
いつか撮りに来なきゃと思いつつ未だ撮影せず。

稲沢と京都貨物には未だワム8が残ってますね。

向日町ではクモルっぽい車両がチラリと。(山側に座っていたもので)
もう残っているのは京都の一編成だけらしいと知った時は驚きました。

倉敷では水島臨海鉄道に入る2077レを撮る予定を立てていたのですが肝心の列車が現れず。
貨物時刻表にはウヤの注記がないから遅れだったのかな?

東福山からはJFEスチールの専用線が延びていて構内にはレールを積んだチキの姿が。
ネットで調べると、どうやらこの専用線は土曜日に運転される模様。
ということは前日に出てきたということか。


nanpu_4747_blog.jpg
特急「南風」と快速「ことぶき」(2012年9月9日 岡山)
快速の先頭車がキハ47 47と面白い番号だったので記念に撮影。





2012/09/15 Sat. 23:23 | trackback: 0 | comment: 0edit

広島へ行ってきました(その1) 

昨夜帰宅しました。
帰宅後、簡単に何か画像をアップしようと考えていたのですが疲れ果てていたので今日。
目的はもちろんコレです。↓

単579レ_blog
西条駅で発車を待つEF67 105。3番ホームに到着した電車は1524Mです。(2012年9月10日 西条)


2012/09/11 Tue. 22:43 | trackback: 0 | comment: 0edit

鵜殿駅北越紀州製紙専用線(動画) 


鵜殿駅へコキを引き取りに行くDL-106です。
橋の両側が樹木で遮られ見えないため、うまく撮れるか不安でしたが自転車がスイッチャー登場の前触れでした。



2089レの鵜殿駅到着です。


2012/09/03 Mon. 22:29 | trackback: 0 | comment: 0edit

鵜殿駅北越紀州製紙専用線(その5) 

コキの引き出しを撮るため駅近くの踏切へ移動します。


udono_328C.jpg
踏切で待っていると鵜殿11時57分発多気行き328Cがキハ48形2両編成で通過。
この区間の普通列車は少なく、コキの引き出しを撮らずこれに乗って名古屋方面へ向かうことも検討しました
が、ここまで来てそれはもったいないと考え没に。


udono_DL106_2_blog.jpg
普通列車が発車してしばらく経つとコキを押して出てきました。


udono_DL106_3_blog.jpg
コキは4両。
DD51が留置されている側線に押し込みます。


udono_DL106_4_blog.jpg
単機で工場に戻ります。
なにか物足りないと思ったら誘導する人がステップとかに乗っていないのですね。
そういえばコキを迎えに来た時もそうでした。


このあとR42を走る三重交通の路線バスで新宮駅に戻り昼食の時間としました。

2012/09/02 Sun. 23:54 | trackback: 0 | comment: 0edit

鵜殿駅北越紀州製紙専用線(その4) 

[9号]DLによる入換え作業が終わった後、神内川河口にある水門の日陰で涼んでいると(本当に海からの風が
心地よかった)専用線の橋梁上に突如コキが現れました。

kishu_koki_blog.jpg
突如現れたコキはこのまま停止。


kishu_DL106_5.jpg
また入換え作業が始まったのか?と急いで専用線に戻ってみると、まだ同じ場所に停まっていました。
工場側にDL。
推進で出てきたわけですが、これを見てすぐにピンときました。これは発送分だと。
なんと、ここで30分あまり待機するのでした。

2012/09/01 Sat. 22:46 | trackback: 0 | comment: 0edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。