10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

鉄貨丼blog

貨物列車や専用線、それにかかわる車両などを中心に。(HPほどには貨物に拘らない方針です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

ホキ2200 



ホキ2200形最後の運用先だった小山駅で撮影したホキ2200です。

ホキ12966(東高島駅常備)
hoki12966_blog.jpg
(1999年7月 小山)


スポンサーサイト
2012/11/30 Fri. 21:22 | trackback: 0 | comment: 0edit

東高島のホキ2200 



1999年7月に撮影した東高島駅構内です。
現在貨物扱いは無く信号場の様な存在となっていますが、当時は日本製粉の原料輸送が残っていました。
前回、大川駅のホキ2200にちょこっと触れましたが、ホキ2200形の運用で最後まで残ったのは、この東高島でした。
運用先は小山で、この写真を撮影した翌年の2000年春に廃止されました。

hishi_blog.jpg
他にも貨車の姿が見えますね。
当時、既に大量に失職していたピギーバック輸送用のクムが疎開留置されています。
石油タキは夏眠でしょう。



2012/11/25 Sun. 21:35 | trackback: 0 | comment: 0edit

クモハ12 



JR化後も残っていた鶴見線大川支線のクモハ12です。
説明の必要が無いほど有名な存在でしたね。

o-kawa_blog.jpg

撮影は国鉄時代。
今は超閑散線区ですが、当時は昼間でも30分に1本くらいは走っていたのかな?
乗って待っていればそのうち動き出すという感じでした。

また当時は日清製粉の貨物扱いがあったため、側線にはホキ2200が留置されています。


2012/11/23 Fri. 23:50 | trackback: 0 | comment: 0edit

クモニ83(その2) 



今日は航空自衛浜松基地の航空祭(エアフェスタ浜松)でした。
といっても別に行ったわけではないんですけどね。

AWACSが低空でノロノロ飛んでいたので撮ってみました。

AWACS_blog.jpg

しかし、これは浜松で日常的に見られる光景なのでした。


さて本題です。


飯田線で活躍していたクモニ83の100番代です。
クモユニ81からの改造車ですね。
車番は102です。

kumoni83102_blog.jpg
誤乗防止のための行先表示板が懐かしい。
この写真からは分かり難いかもしれませんが、クモニ83とクハユニ56は連結されていません。
5両編成で到着した列車はクモニ83を切り離し、辰野方の4両が16:08発の普通列車となります。
クモニ83は普通列車が発車した後、豊橋機関区に入区する運用でした。


2012/11/18 Sun. 22:50 | trackback: 0 | comment: 0edit

国鉄時代のカナキク(その2) 



あと2枚ほど...

kanakiku_huden_blog.jpg
4両編成の普通列車です。
この頃の普通列車としては短いです、というか最短かな。
12両編成の普通列車とか走っていましたから。


kanakiku_ef58_blog.jpg
EF58牽引の荷物列車です。
当時の絶対外せない撮影対象ですね。
この日もゴハチ狙いと思われる同業者が何人か見られました。
(1983年11月 金谷~菊川)



今回モノクロ写真をアップしましたが、画像を眺めていて現在のモノクロフィルムはどうなっているのか
気になりだしました。
当時、主に使っていたモノクロフィルムは富士のネオパンです。

調べてみると、最近「ネオパンSS」の生産が終了となり現在は在庫のみの販売となっている様です。
まだ売られていたとは驚きです。
それだけ愛用者が多いということでしょうか、基本中の基本の様なフィルムですから。

今回アップしたカナキクで撮影した写真は、この「ネオパンSS」だと思っていたのですが、ネガを確認すると
「ネオパン400」でした。

2012/11/17 Sat. 23:10 | trackback: 0 | comment: 0edit

国鉄時代のカナキク(その1) 



引き続きカナキクの大カーブで撮った列車を...

kanakiku_kare_blog.jpg
EF65が引く長編成の貨物列車。
画面内だけでも30両以上の貨車が写っています。


次はぐんと短くなってEF60の単機です。
kanakiku_ef60_blog.jpg
(1983年11月 金谷~菊川)

ネガを見ると、前回掲載した荷電付きの普通列車からこの様な順で下り列車が来た様です。


2012/11/16 Fri. 23:55 | trackback: 0 | comment: 0edit

クモニ83(その1) 



72系電車つながりでクモニ83です。
モハ72/クモハ73を改造し誕生した荷物電車ですね。

写真はカナキクの大カーブを行く下り普通列車。
旅客車両の方は111系電車でしょうか、屋上にはグロベンがずらりと並びます。
この頃、静岡地区の普通列車は未だ非冷房が当たり前でした。

kumoni83_blog.jpg
(1983年11月 金谷~菊川)


2012/11/11 Sun. 23:32 | trackback: 0 | comment: 0edit

富山港線の旧型国電 


今回は富山港線の72系電車です。
最終グループの全金属車が活躍してまいした。

iwasehama_blog.jpg
(1983年8月 岩瀬浜)

2012/11/10 Sat. 23:21 | trackback: 0 | comment: 0edit

可部線の旧型国電 (その2) 



横川駅で撮影した4両編成です。

yokogawa72_blog.jpg
(1983年4月 横川)

2012/11/04 Sun. 22:13 | trackback: 0 | comment: 0edit

可部線の旧型国電 (その1) 



もう少し広島ネタを...

国鉄時代に撮影したセノハチの補機を何枚か掲載しましたが、この時の遠征目的にはもうひとつ可部線の
旧型国電がありました。
当時使われていたのは72系電車。
少数ながらバラエティに富んだ車両が残っており、ウグイス色にオレンジの警戒色という派手な塗装が
特徴でした。

kabe_72_blog.jpg
(1983年4月 可部)
72系電車以外にも色々と懐かしい物が写っています。
腕木信号機、運転室にはタブレットキャリア、左側には非電化区間用の40系気動車
奥には貨車の姿が見えます。
当時の可部駅では貨物扱いがあったのです。

以前、ホームページで使用した画像が残っていました。
ima_maru48.jpg
可部線の有名撮影地、太田川橋梁を行く貨物列車。



2012/11/02 Fri. 23:48 | trackback: 0 | comment: 0edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。