11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

鉄貨丼blog

貨物列車や専用線、それにかかわる車両などを中心に。(HPほどには貨物に拘らない方針です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

保土谷化学のタキ4200 



以前、3363レで廃車回送される昭和電工のタキ4200をご紹介しましたが、この列車には保土谷化学工業の
タキ4200形も廃車回送で連結されていました。
こちらの写真は浜松の手前で撮影したので、まだ陽が高いです。

タキ14296 [保土谷化学]
(2001年7月 天竜川~浜松)

この日、廃車回送で連結されていた貨車は以下のとおり。

タキ35995 [ニヤクコーポレーション]
   47784 [保土谷化学]
   27779 [保土谷化学]
   14296 [保土谷化学] ← 写真の車両
   47779 [保土谷化学]
   14295 [保土谷化学]
   35247 [NRS] 米タン
   14205 [昭和電工]
   4288  [昭和電工]
   14206 [昭和電工]


ウィキペディアによると、郡山における保土谷化学工業の貨物扱いは2001年9月廃止とのこと。
この頃、多くの保土谷化学所有車が廃回されましたが、その前兆だったわけです。


スポンサーサイト
2012/12/23 Sun. 23:03 | trackback: 0 | comment: 0edit

色違いのEF200 


今年も残すところあと10日となりました。
早いものです。
今日は冬至ですが、貼る写真は夏に撮ったものだったりします。


夏のある日、西浜松の下機待線に吹A102運用を終えたEF200-11が留置されていました。
この11号機、EF200の中では文字通り異色の存在で、他機より淡い青色で塗装されていることで有名です。
ならば、ということで1097レ発車時に普通の青色塗装機との並びを撮ることにしました。


EF200-18-11_blog.jpg
1097レの牽引機は18号機。
機関車の向きが違うため側面の窓配置の違いも良く分かります。

2012/12/21 Fri. 23:21 | trackback: 0 | comment: 0edit

DE10 1723 



JTとコキの交換を行うため授受線へ向かうDE10 1723です。
1両目のコキの手前から5個目に50周年コンテナが載っていました。
niha20121210_8.jpg


2012/12/15 Sat. 22:16 | trackback: 0 | comment: 0edit

【951レ】EF66 24ムド回(その2) 



昨日の続きです。

niha20121210_5.jpg
西浜松を発車する951レ。


niha20121210_6.jpg
吹田のカマが3両顔をあわせました。


niha20121210_7.jpg
入換え機はDE10 1723でした。

2012/12/11 Tue. 21:49 | trackback: 0 | comment: 0edit

【951レ】EF66 24ムド回(その1) 



奇跡的な復活を遂げたEF66の24号機。
撮影の機会はいつ巡って来るのだろうか?と心待ちにしておりましたら、このような場面になってしまいました。


どうやら9日未明、3074レ牽引途上新居町付近にて故障してしまった模様。
吹A18運用で静岡貨物にて24h待機していたEF210-10が救援&代走に入り24号機は西浜松に留置。
24号機は本日(12月10日)の951レで無動力回送されました。
昨日の951レは静岡貨物でカマ替えを行わずに下って来たので、どうしたのかな?と思っていたのですが
このような理由があったのですね。


niha20121210_1.jpg
陸橋下に24号機を確認。
これで今日の951レに連結されると確信しました。
左端に見えるEF66 100番代は入線してきた951レです。


niha20121210_2.jpg
951レの牽引機はEF66 133。
いつもの様に灰色バルクコンテナを積んだコキを2両解放します。
静岡貨物でのカマ替えはなし。
いつ所定に戻るかも注目です。
でないと撮影の時に「あれっ?」となりかねません。


niha20121210_3.jpg
24号機とコキを引き上げて来ました。


niha20121210_4.jpg
想像以上に傷んだ車体。
復帰できれば良いのですが...

2012/12/10 Mon. 22:54 | trackback: 0 | comment: 0edit

371系電車 臨時快速「いわたウォーキング」号 



今日は臨時快速「いわたウォーキング」号が371系電車で運転されました。
私にとって日曜日の午前9時頃は早朝みたいなものなので下りはパス。(最近寒いですし)
午後の上りを撮ることにしました。
ただ、8862レとかもそうなんですが午後の上りは光線の状態が良くありません。
まー電車だから、ということで後打ちで撮ることに決め、371系通過後直ぐに来る951レをついでに撮ることに
しました。

371K_iwatawalking_blog.jpg

951レ
951_20121209_blog.jpg
岡山のEF210-12が代走で入っていました。
コンテナはいつもの面子。


2012/12/09 Sun. 23:45 | trackback: 0 | comment: 0edit

昭和電工のタキ4200 



昭和電工つながりで同社所有のタキ4200形です。
写真は運用中ではなく廃車回送で3363レに連結された時のもの。
傷み具合から長期間工場内に留置されていた様子。
車番は左から14206、4288、14205です。

showa4200_3363_blog.jpg
(2001年7月 高塚~舞阪)


2012/12/08 Sat. 23:49 | trackback: 0 | comment: 0edit

アルミナ貨車の廃車回送 



昭和電工のアルミナ輸送が廃止されてしばらく経った頃、同輸送に使用されていたホキ3000とタキ17900が
廃車解体のため半田埠頭へ回送されました。
3363レではカマ次位に連結されるだろうと特に根拠も無く考え「走り」を撮りに。
しかし連結位置は最後尾。
駅撮りにすれば良かったと悔やんでも後の祭りでした。

3363_alumina_blog.jpg
この日回送されたのはタキ17900×3+ホキ3000×2の5両。


2012/12/07 Fri. 23:02 | trackback: 0 | comment: 0edit

ホキ3000 



またもやホキです。
東高島の隣にある新興からは、昭和電工所有のホキ3000とタキ17900によるアルミナ輸送がありました。
運用先は塩尻。
台形でいかにも旧型ホッパ車という外観が魅力的でした。
当時安泰だと思われていた同輸送ですが、これを撮影した翌年に廃止されてしまいました。

hoki3003_blog.jpg
(1999年7月 新興)

2012/12/02 Sun. 22:27 | trackback: 0 | comment: 0edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。