03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

鉄貨丼blog

貨物列車や専用線、それにかかわる車両などを中心に。(HPほどには貨物に拘らない方針です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

4月29日の浜松レールセンター専用線(その2) 


他所で時間を潰し戻ってくると、ちょうど踏切を担当する方々が出て来ました。
それと同時に荷役線からレールチキが引き上げられるのが見えます。

レールセンター内から汽笛が聞こえます。
機回しをしているのでしょう。

しばらく経つと門が開きモーターカーが顔を出しました。

浜松レールセンター専用線
ここで一旦停止。
踏切の通行を遮断するよう無線で指示が出ます。
遮断が確認されると発車です。


スポンサーサイト
2013/04/30 Tue. 21:39 | trackback: 0 | comment: 0edit

4月29日の浜松レールセンター専用線(その1) 



今日は祝日ですが、レールセンター専用線の運転がありました。

昨日は8862レが運転されレールチキが連結されていたとのことでしたので、レールセンター専用線が運転
される可能性は高いと考え出動しました。

まず授受線を確認します。
レールチキの姿はありません。
これは今日レールセンター内に引き込まれた事を意味します。

レールセンターの様子を見に行くと荷卸し中でした。

浜松レールセンター荷役

まだ荷卸し中ということは今日は出てこないのかな?と不安になりましたが、踏切に遮断棒ならぬ遮断ロープ
が置かれたままになってるのを発見。
今日出てくることを確信しました。

2013/04/29 Mon. 23:44 | trackback: 0 | comment: 0edit

チキ4700形 


チキ4700形4751です。
明星セメントのタキ1900とともに解体待ちとなっていました。
チキ4751はチキ4500形から改造された4750番代で、新日鉄名古屋からの鋼板輸送に使われていました。

チキ4751
(2007年8月18日 東港)

背景に黒色のタキ40000が入ってしまうため、肝心のチキ4700が目立たなくなってしまうのではないかと
心配しながら撮影したことことを憶えています。
当時邪魔に感じたタキ40000ですが、今では希少車になってしまいました。
そういえばこの日、東港には大量のタキ40000が留置され、汐見町にも何両か留置されていました。
季節柄、閑散期の疎開留置だと思ったのですが、若番が多く翌年には生産数の約半分が廃車となっています
ので廃車待ちだったのかも知れません。


2013/04/27 Sat. 23:38 | trackback: 0 | comment: 0edit

明星セメントのタキ1900 (その2) 



東港で解体を待つタキ112524です。
タキ112537とともに解体線に留置されていました。
最近セメタキの廃回あったかな?とこの時は思ったのですが、太平洋セメント藤原工場からの輸送に転用可能か
検討するために東藤原まで回送された車両の中の一部だったようです。

タキ112524 (明星セメント)
(2007年8月18日 東港)


2013/04/26 Fri. 22:58 | trackback: 0 | comment: 1edit

小野田セメントのタキ1900 



西浜松のセメントターミナルには小野田セメントのタキ1900がやって来ることがありました。
一口にセメントと言っても色々と種類があるようで、小野田所有車は早強セメントと呼ばれるものを
運んでいたようです。

この様に、この日は3社のセメタキを見ることができました。

タキ112152 (小野田セメント)
(2007年3月3日 西浜松)


2013/04/21 Sun. 23:33 | trackback: 0 | comment: 0edit

セメントターミナルのタキ1900 



前回アップした明星セメントのタキ1900の写真を撮った日、この日は西浜松発着のセメント列車が運転される
日でセメタキ三昧でした。
セメント列車狙いで出掛けたので当然のことではありますが。

タキ112046 (セメントターミナル)
(2007年3月3日 西浜松)


2013/04/20 Sat. 23:19 | trackback: 0 | comment: 0edit

明星セメントのタキ1900 (その1) 



電車ネタが続きましたので久しぶりに貨車を取り上げたいと思います。

3363レで東港へ廃車回送される明星セメント所有のタキ1900形112621です。
明星セメントは太平洋セメントグループのセメントメーカーで新潟県糸魚川市に工場があります。
本拠地の糸魚川からの鉄道輸送は2003年に廃止されましたが、秩父鉄道の武州原谷からの輸送は残ったため
明星セメント所有車は全廃とはなりませんでした。
武州原谷からの運用先は宝積寺だったと思いますが、こちらの輸送も2006年に廃止されると稼動車はゼロに
なりました。
このタキは武州原谷ベースで使用されていた車両で、運用終了後は同駅構内に長期間留置されていました。


タキ112621 (明星セメント)
(2007年3月3日 西浜松)


2013/04/13 Sat. 23:55 | trackback: 0 | comment: 0edit

105系電車(その4) 



広島の105系電車です。
編成はクハ105-10+クモハ105-525で、103系1000番代車からの改造編入車。

まだ写真でしか見たことがありませんが、元103系電車だけあって単色が似合います。

特に改造種車の面影が色濃く残るクハ105形0番代の中で和歌山色は、かつての常磐緩行線を髣髴させます。
単色化により却って人気が出るのではないか?と思ったりします。

105系電車(広島)
(2012年9月10日 広島)

2013/04/07 Sun. 22:40 | trackback: 0 | comment: 0edit

105系電車(その3) 



紀勢線で使用される105系電車の従来塗装車です。
登場時の119系電車を思い出しました。

編成はクモハ105-6+クハ104-27

105系電車

105系電車
(2012年8月19日 新宮)

2013/04/06 Sat. 21:30 | trackback: 0 | comment: 0edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。