08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

鉄貨丼blog

貨物列車や専用線、それにかかわる車両などを中心に。(HPほどには貨物に拘らない方針です。)

浜松レールセンター専用線(9月15日) 


今週の月曜日は浜松レールセンター専用線も撮影しました。
祝日でしたが、前日の8862レでレールが到着したようだったので運転があるだろうと考えました。

浜松レールセンター専用線(2014年9月15日)
空車の引き出しです。
スマホで撮ってみましたが難しいな。
何ショットか撮りましたが、まともに撮れていたのは数枚でした。

浜松レールセンター専用線(2014年9月15日)
目の前で止まったので何事かと思ったらポイントを切り替えるためでした。
レールセンター3番に入線です。
チキ5500は4+5+6と10+11+12でした。

スポンサーサイト
2014/09/20 Sat. 11:44 | trackback: 0 | comment: 0edit

5087レ 


今日は何本かの下り貨物が遅れていました。

遅5087レ(2014年9月15日)
4時間以上遅れてやってきた5087レです。
カマは2138号機。


遅5087レ(2014年9月15日)30Dコンテナ
まとまった数の30C形、30D形コンテナが積まれていました。
北海道からの紙輸送かな?


2014/09/15 Mon. 22:04 | trackback: 0 | comment: 0edit

タキ18600(その2) 


最後まで残っていたタキ18600形の運用は扇町~岩沼でした。
新専貨廃止まで続いていました。

タキ18695荷役
岩沼駅で荷役中のタキ18695です。(2004年8月10日)

タキ18695荷役
本線を挟んで反対側から見るとこんな感じ。
左端に見える銀色のタンクが液化アンモニアの貯蔵タンクです。

タキ18600+タキ5450廃車回送(9863レ)
新専貨廃止で用途が無くなり二度と帰らぬ旅路へ...
9863レで東海道を下る安治川口への廃車回送臨貨。(2008年8月3日)
荷役中を撮影したタキ18695もこの時回送されました。(一番左の白タキ)


2014/09/14 Sun. 23:55 | trackback: 0 | comment: 0edit

タキ18600(その1) 


今回は白いタンク体が印象的なタキ18600形です。
先日ご紹介したタキ19550形って、タキ18600形液化アンモニア専用車への転用を考慮した設計になっていた
らしいのですが、液化イソブチレン輸送は短期間で終わる可能性があったのですかね?

タキ18600@速星
(2000年3月19日 速星)
手前からタキ18629(関西化成品輸送)、タキ18698(日本陸運産業)。
この他、タキ18600の所有者に日産化学があったのですが、駅構内には居たものの撮れない位置に居た様で
(もう記憶に無い)撮っておりません。
そして撮れないまま速星からの運用は無くなってしまいました。


2014/09/13 Sat. 23:57 | trackback: 0 | comment: 0edit

タキ25000 


特に新しいネタも無いので貨車を続けましょう。
先週、高圧ガスタンク車2形式を取り上げたので灰色タンク車つながりで...

灰色のタンク車といえば、真っ先に思い浮かべるのがLPガス輸送用のタキ25000形ではないでしょか?
NゲージでTomixから製品化されているポピュラーなタンク車です。
最後まで残っていた運用は塩浜~南松本ですが、末期の運用では飯田線の貨物列車の方が有名だった
かもしれません。
こちらは浮島町~元善光寺間のLPG輸送でした。

タキ25355@汐見町
汐見町に疎開留置されていたタキ25355。


2014/09/06 Sat. 23:43 | trackback: 0 | comment: 0edit