04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

鉄貨丼blog

貨物列車や専用線、それにかかわる車両などを中心に。(HPほどには貨物に拘らない方針です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

臨貨2本 


今日はホキ9500全検出場車の回送と都営地下鉄大江戸線12-600形電車の甲種輸送がありました。

ホキ9722回送(9863レ 2016年5月28日)
8863~9863レでホキ9722を引くEF65 2057。
甲種輸送牽引機の送り込みも兼ねていると思ったのですが、西浜松以西もPFが牽引。

遅れ1080レ
9863レ通過時刻の前後に2本の上り貨物が通りました。
この時は特に気に留めていなかったのですが、上り貨物でかなりの遅れが生じた列車あったようです。
写真は126号機牽引の1080レと思われる貨物列車。

都営地下鉄大江戸線12-600形電車甲種輸送
12-600形電車甲種輸送には、昨日の8862レを牽引し西浜松に来ていたEF64 1019が入りました。

スポンサーサイト
2016/05/28 Sat. 22:12 | trackback: 0 | comment: 0edit

四日市港セメント貨物(その8) 


最終便は末広橋梁で。

四日市港セメント貨物

四日市港セメント貨物
機回しだけ撮って...

四日市港セメント貨物
また橋へ戻って撮影しました。

2016/05/21 Sat. 22:24 | trackback: 0 | comment: 0edit

四日市港セメント貨物(その7) 


前回の続きです。

四日市港セメント輸送

四日市港セメント輸送
機回ししたスイッチャーは転線し、荷役を行っている前9両の貨車をずらします。

四日市港セメント輸送
そして隣へ行って、また貨車をずらす...
こんな感じで荷役が進んでいきます。

2016/05/18 Wed. 21:15 | trackback: 0 | comment: 0edit

四日市港セメント貨物(その6) 


出荷センターに到着すると、既に列車は2分割され前9両が荷役線に入っていました。
貨車は16両ですが8両ずつに分割されるのではなく、前9両+後7両に分割され2線ある荷役線に入ります。

四日市港セメント輸送
荷役線へは頭から入って機回しをします。

-- 続きを読む --
2016/05/14 Sat. 21:38 | trackback: 0 | comment: 0edit

四日市港セメント貨物(その5) 


JR貨物の列車が行ってしまうと、次は専用線の列車が出荷センターへ向けて出発です。
この辺り、午後便になりますと光線状態が良くありません。

四日市港セメント輸送

四日市港セメント輸送

この後、出荷センターへ向かいます。

2016/05/10 Tue. 20:57 | trackback: 0 | comment: 0edit

四日市港セメント貨物(その4) 


話をセメント貨物に戻します。

四日市港セメント輸送
今度は異種DD51の並びを撮りましょうと、このポイントでカメラを構えました。
ファインダーを覗きながらシャッターを切るタイミングをはかりますが、うまく並ぶポイントがありません。
あれれ?と思いながらシャッターを切りました。
帰宅後、ネットに上がっている写真と比べてみると、DD51の待機場所が少し後方にずれていたみたいです。

四日市港セメント輸送

四日市港セメント輸送
空車が到着すると直ぐさま連結、四日市へ向けて発車しました。

2016/05/08 Sun. 21:09 | trackback: 0 | comment: 0edit

南四日市(その7) 


南四日市で交換する313系普通列車。
幹線からローカル線までJR東海在来線の主力車両です。
このため仕様違いによる区分番台がやたら多いのが特徴。
写真の車両は、両列車とも1300番台です。

南四日市で交換する2302Mと2303M
左が名古屋行き2302M、右側が亀山行き2303Mで、どちらも名古屋~四日市間が快速運転になる列車です。
亀山行き2303Mが発車した後も2302Mは発車せず、伊勢鉄道の列車を待ちます。

南四日市で交換する2302Mと伊勢鉄道117C
伊勢鉄道津行き117Cと交換。
伊勢鉄道の車両はイセ102。
てっきりイセ100形という気動車かと思ったらイセIII形というのですね。

2016/05/07 Sat. 22:23 | trackback: 0 | comment: 0edit

南四日市(その6) 


今回は旅客列車のご紹介。
南四日市を通過する特急「南紀3号」です。

特急「南紀」3号@南四日市(2016年4月15日)

おまけで国鉄時代の特急「南紀」を貼っておきます。
やはり特急といえばこの塗装だよなーと、未だに思ってしまいます。

国鉄時代の特急「南紀」@名古屋
(名古屋駅)

2016/05/05 Thu. 22:25 | trackback: 0 | comment: 0edit

四日市港セメント貨物(その3) 


JSR専用線を撮影後、再び四日市港へ。
太平洋セメントでは入換え作業の真っ最中でした。

太平洋セメント四日市出荷センター

太平洋セメント四日市出荷センター
荷役線は2本あり、到着した列車は2分割されそれぞれ荷役線に入ります。
荷卸しが進むに従い貨車をずらしますので、スイッチャーが断続的に動きます。

太平洋セメント四日市出荷センター
荷卸し作業も終盤となりスイッチャーから運転手が降ります。
次に動くのは空車の引き出し時でしょうから、専用線の分岐地点へ移動です。

2016/05/03 Tue. 22:14 | trackback: 0 | comment: 0edit

南四日市(その5) 


8080レを見送った後、JSR専用線の列車を撮るために場所を移動。
およそ1時間ほど待つと工場行きの列車が走ります。



この後、再び四日市港へ。

2016/05/02 Mon. 21:57 | trackback: 0 | comment: 0edit

南四日市(その4) 


8080レ@南四日市
転線して発車位置で停車。

8080レ@南四日市
ヘッドライトが消え、発車時刻までしばしの休憩です。
数人居た同業者さんは全員撤収。
DD51国鉄色独り占め状態になりました。

8080レ発車はビデオで。
この日は風が強くゴォーゴォーとうるさいです。


しずしずと動き出すDD51。
発車と言うより移動。
実際ひと駅だけ移動するようなものだけど。

2016/05/01 Sun. 21:41 | trackback: 0 | comment: 0edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。