09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

鉄貨丼blog

貨物列車や専用線、それにかかわる車両などを中心に。(HPほどには貨物に拘らない方針です。)

冬の大鐵詣で(その10) 電力会社の積込み線 


井川線の千頭~川根両国間に中部電力の資材積込み線があります。

電力会社の積込み線
ご覧のように駐車場の奥に資材置き場が設けられているのですが、この部分を周囲より高くすることにより
レールに面した部分が貨物ホームとなっています。
レールは川根両国駅から延びる側線(かつてミニSL列車が運転されていたリバーサイド線の一部)から
スイッチバックする形で引き込まれ、この日はCトキ230が1両留置されていました。

長居をしても仕方が無いので早々に立ち去ろうとすると、1台のバンが資材置き場に入ってきました。


電力会社の積込み線
運転手が車から角材を降ろすと、そのままCトキに積込みました。
井川線本来の役割は電力会社関係の資材運搬ですが、近年、貨物列車はあまり運転されていないようです。
この様な光景を見ることができたのはラッキーかな?

そういえば、千頭駅には後部標識を付けたままCトキが留置されていました。

千頭駅構内

Cトキ227@千頭駅
留置されていたのはCトキ227。
トキですが荷重は16tです。

側線に貨車がポツンと1両だけ留置されている光景というのは本当に珍しくなりました。
この様な光景が見られるのも井川線の魅力のひとつではないでしょうか。
スポンサーサイト
2015/02/14 Sat. 23:04 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://tekkadon2.blog.fc2.com/tb.php/266-baf3ac75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)