10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

鉄貨丼blog

貨物列車や専用線、それにかかわる車両などを中心に。(HPほどには貨物に拘らない方針です。)

大鐵のE101 


今日の8863~9863レで川崎車両所を出場したホキ9500が回送されました。
当然撮りに行くつもりだったのですが、そろそろ出掛けるかと外を見るとなんと雨が降っているではありませんか。
まー雨と言っても小雨なんですが、ヘタレな私は戦意喪失。
午後の甲種も厚く垂れ込めた雨雲を見てパス。

と言うことで、ブログネタは先月末に出掛けた大鐵から。

かわね路13号後部補機E101(2015年11月28日)
かわね路13号の後部補機を務めるE101です。
E101といえば検切れにより長期間運用を離脱、E31型の入線もあって引退と噂されたことがありました。
私もタイミング的に引退は間違いなしと確信してましたが、まさか復帰するとはね。
世の中分からないものです。

2015/12/12 Sat. 23:05 | trackback: 0 | comment: 0edit

臨時SL急行かわね路13号 


今日はホキ1100の試運転や東京メトロの甲種輸送がありましたが、先約があったため撮りに行けませんでした。

その先約とは、大鐵のSL急行の撮影です。

臨時SL急行かわね路13号(2015年11月28日)
撮影地はド定番の第一橋梁。
写真は盛大に煙を吐いてくれたC108(SLかわね路13号)です。
後部補機はE101。
トーマス仕様のオレンジ色の客車が残念ですが、いつかは元の色に戻るでしょうから記録写真ということで...

因みにカマの方ですが、C11 227(トーマス)は元に戻っておりSLかわね路1号に充当されていました。
C56 44(ジェームス)は「お面」を外して新金谷の庫の中。
テンダーもチラッと見えましたが、色は赤のままの様でした。


2015/11/28 Sat. 21:25 | trackback: 0 | comment: 0edit

大井川鐵道チキ300形303 


側線に停まっている貨物列車風の写真ですが、もちろんそのようなことはなく留置車両です。
場所は下泉駅。
機関車はE34、貨車はチキ303です。

E34+チキ303@下泉駅(2015年9月14日)
いつからここに留置されているのか知りませんが、E34は家山から、チキは新金谷の構外側線から移動
してきました。
チキの積荷(?)が微妙に変化しているところを見ると物置きとして現役なのでしょうか?

チキ303@下泉駅(2015年9月14日)
このチキ303、元は国鉄チキ300形で大正生まれという超年代物です。
古典車両の証ともいえるバッファ取り付け穴が残っています。
動態保存のSLよりも古いこの車両、もう少し注目されても良いような気がします。
下泉特別展示(?)ということで、この機会に一度ご覧になられたらいかがでしょうか?


2015/09/20 Sun. 22:55 | trackback: 0 | comment: 0edit

冬の大鐵詣で(その11) トロッコ 


井川線の列車をトロッコ列車と表現することがあるようですが、タイトルの「トロッコ」とは軌道上を手押しで
移動するトロッコです。

川根両国駅も覗いてみようと駅出入り口へ下りて行くと、その出入り口前にトロッコが鎮座しておりました。
こういうのを正式に何ていうのかは知りませんが、街角軌道とか商店軌道というキーワードで検索すると
色々とヒットします。

トロッコ
-- 続きを読む --
2015/02/15 Sun. 22:52 | trackback: 0 | comment: 0edit

冬の大鐵詣で(その10) 電力会社の積込み線 


井川線の千頭~川根両国間に中部電力の資材積込み線があります。

電力会社の積込み線
ご覧のように駐車場の奥に資材置き場が設けられているのですが、この部分を周囲より高くすることにより
レールに面した部分が貨物ホームとなっています。
レールは川根両国駅から延びる側線(かつてミニSL列車が運転されていたリバーサイド線の一部)から
スイッチバックする形で引き込まれ、この日はCトキ230が1両留置されていました。

長居をしても仕方が無いので早々に立ち去ろうとすると、1台のバンが資材置き場に入ってきました。
-- 続きを読む --
2015/02/14 Sat. 23:04 | trackback: 0 | comment: 0edit